JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK)

ここでは、JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK) に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/07(水)
JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK)JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK)
(2012/02/07)
JUNA (神田 智美)
価格:¥ 980 (税込) 通常配送料無料
JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK) - 商品詳細を見る
【商品の説明】
レシピブログ人気ランキングで堂々の1位。「Quality of Life by JUNA」のJUNAさん初のお弁当本。「こんなお弁当が作りたかった! 」と思わずうなる、彩り鮮やかで、栄養バランスも満点のお弁当レシピがずらり。冷めてもおいしい、飽きのこない味で、おいしさはJUNA夫さんの折り紙つき。詰める順番や、アレンジレシピも掲載、「JUNA流お弁当の教科書」ともいえる盛りだくさんな内容です(手抜き方法もしっかり掲載☆)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
JUNA (神田 智美) プロフィール
静岡県在住。39歳。夫と小学生の娘との3人暮らし。2008年1月よりスタートしたブログ「Quality of Life by JUNA」は1700万を超えるアクセスとなっている。日々の家庭料理の紹介を中心に、日常を大切に生きるというモットーのもと、家族のエピソードや趣味などの話も交えながらブログ更新中。 2009年10月に『JUNAさんの家族を幸せにする毎日のごはん』、2011年2月に『JUNAさんの家族を笑顔にする毎日のごはん』(ともに宝島社)を出版。企業のレシピ開発やWEB・雑誌等の料理提案などにも携わる。 とはいうものの、あくまで母であり、妻であるというスタンスを最も大切に思っている。

【目次】
コラム1 料理をはじめる前に お弁当作りに必要な調理器具
JUNA流お弁当作りのノウハウ
コラム2 お弁当がある毎日by JUNA夫
ごはんとおかずの定番お弁当
コラム3 困った時のおにぎり弁当
夕食を活かしたお弁当
愛情いっぱい卵焼きバリエ
ごはんを楽しむお弁当
イベントのお弁当
麺類・パン&フードパックのお弁当
お弁当に役立つ副菜コレクション
メイン食材・素材別INDEX

【登録情報】
大型本: 95ページ
出版社: 宝島社 (2012/2/7)
言語 日本語
ISBN-10: 4796687246
ISBN-13: 978-4796687249
発売日: 2012/2/7
商品パッケージの寸法: 25.6 x 17.8 x 1.4 cm
*【カスタマーレビュー】
読者口コミ評価・感想食べる瞬間のことまで考えられているお弁当レシピ
レシピブロガーの本というと、ブログをまとめただけのものが多い中、JUNAさんの本はいつも丁寧にレシピが見直されていて、本気度が高いのが伝わります。このお弁当本も、まさにJUNAさんのコダワリの結晶!お弁当箱の選び方、食材のつめ方、お弁当に向く食材・向かない食材、夏場でもお弁当が傷まない工夫の数々、お弁当用のストック食材の作り方……とにかく、お弁当を食べるときのことまでしっかり考えられている! でも、朝の忙しい時間にささっと作れるから絶対に買って損はないお弁当本です!“こんなお弁当を持たせてもらえるだんなさまは幸せだろうなぁ!”と思ったら、本の中にJUNAさんのだんなさまが登場していて、やっぱりすてきな愛妻弁当は自慢になるんだなぁ、と思いました。毎日のごはんやお弁当で、妻の気持ちは伝わるものなんでしょうね~。この本でお弁当テクニックを身に付けて、JUNAさんご夫婦のような円満家庭を築きたいな♪

読者口コミ評価・感想買って損はない本だと思う
とても丁寧に作られているお弁当本だと思います。
調理の仕方や詰める際の作業工程、卵焼きのバリエーション等・・。他のブロガーさんのお弁当本ではなかなか無いくらいの親切さです。練りに練って作られた感じがしました。私は生野菜は入れませんが、おかずはどれも簡単で美味しそうでした。JUNA節が好きではないので、今回あまり登場しないで敬語で書かれていたのが良かったです。

読者口コミ評価・感想お弁当づくりのバイブル
お弁当の本はたくさん持っていますが、この本は史上最高の傑作だと思います。お弁当向きのおかずと、そうでないおかずと言うのがあると思いますが、この本はその辺がきちんと計算されています。時間が経っても美味しく、水分が出なくて、傷みにくい実用的なおかずが紹介されています。本の構成もとても使いやすい(目当てのおかずを探しやすい)ので重宝しています。お弁当づくりの本を買うなら、最初に買うべき一冊として強くお勧めします。

読者口コミ評価・感想レシピ、盛り付け、傷み防止の工夫からラッピングやグッズまで網羅の一冊
色々お弁当本を購入いたしましたが、この本が一番、知りたい情報がぎゅっと一冊に網羅された充実の内容でした。料理研究家などのプロではない(セミプロ?)、ブロガーさんが著者ですが、お弁当の種類もバラエティに富んでおり、盛り付けや写真も綺麗。レシピだけでなく、タイムテーブルや盛り付け順、ワックスペーパーやシリコン・紙カップを使った盛り付け方の工夫の仕方、傷まない工夫、冷凍や解凍の方法、さらにはランチボックスのおしゃれなラッピング例など、お弁当作り初心者が知りたい情報がこれ一冊でほぼカバーされています。しかも、解説が細かく丁寧で、下処理のポイントなどもためになる。この本を見てから、他のお弁当本をみると、「見栄えをよくするためにミニトマトをヘタつきのまま入れているのかな?」(傷みにくくするためにヘタはとる方がベター)「これじゃおかずの味がうつっちゃわないのかな?」と気になるくらい、この本のほうがそのあたりをきちんとおさえて作ってあります。この充実の内容でオールカラーで1000円以下。色々そろえたお弁当本の中で一番出番が多いです。キッチンでも見る用に汚れてもいい一冊、一冊は本棚に一冊、と二冊購入してしまいました。これからお弁当作りの機会が増えそうなので、JUNAさんのようなあんな素敵なお弁当を私も作れるようになりたいです。なんだか絶賛しすぎていて回し者みたいですが、お弁当本としてかなりお勧めの一冊ですよ

読者口コミ評価・感想こういう本を待ってた
今まで見たことのあるお弁当本は、手の込んだキャラ弁や、似たような具の使い回しで「毎回コレだと飽きないかな」という本、またはほとんどを色別におかずが紹介されたもので「良いんだけど、組み合わせを考えなきゃダメなのはめんどう」と言うのが多かったんですが、これは違いました。衛生面や冷まし方、冷凍技、生野菜、水分、加工品の扱い方などが分かりやすく書かれています。また各お弁当の詰める順番、素材の豆知識もあり、パンのお弁当(ラッピンググッズの紹介)など、今まで「どうやったらこういうの使っておいしそうに詰められるんだろう」と思ってたのが一気に解決。レタス、ワックスペーパーの置き方まで書いてあります。表紙のお弁当では分からないですが、中にも同じから揚げ弁当があり、こちらは、ご飯とおかずの間にバラン、トマトとから揚げの間にワックスペーパー、から揚げと卵の間にもワックスペーパーと、食材がくっつかないようになっています。葉野菜などを仕切りに見せたい時は、バランやワックスペーパーをさりげなくはさみ、おかずとごはんが接触しないように…と。私なんかはお弁当を作る時「時間がない~」とついついあっためたものをすぐに詰め、蓋をせず放置で熱をさましたり、葉はそのまま仕切り替わりが当たり前でしたが、JUNAさんは仕切りの前にちゃんと温めた材料を別の容器でいったん冷ましてから詰めると。細かい配慮…(実は当たり前?)写真と解説のバランスもよく、ほんとに丁寧!JUNAさんの料理本は基本なんだけど実は詳しく載ってないというようなことも書いてあるのでありがたいです。本の最後にはINDEXまで載っています(しかも「主」「副)まで)。見て楽しく、作って楽しく、食べて楽しく、といういままでここまで読者に気を配ってる料理本ってなかった気がします。今度からお弁当は「よし、今日はこのページのを作ろう」って感じで作れます。記載通りの材料を用意すればOKっていうのは楽です。これは種類、色別しか載ってないお弁当本ではできないですもん。しかも、前回まであった苦手な「~わよ語(JUNA節?)」も今回は封印されていてとっても見やすいです(ごめんなさい)。コラムはありますが、こちらは読みやすかったし、これで1000円以内なんてありがたいです。こんなにキレイな料理が作れる女性になりたいなぁ。

読者口コミ評価・感想お弁当づくりが楽になりました
子供の遠足のとき、悩みますが、この本をみてイメージを膨らませました。レシピのとおりに作ったわけでないのですが、ビジュアルも美しいし、作成方法も衛生的で、本当にためになります。初めて、役立ったと思えたお弁当本です。これからも私の本棚に生き残り続けると思う本です。JUNAさん、スタッフさん、素敵な本を作っていただき、感謝です。

タグ : ブログ書籍化本 レシピブログ

この記事のトラックバックURL
http://weblog2983.blog39.fc2.com/tb.php/288-e6560231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。