WordPressをちゃんと使うための教科書

ここでは、WordPressをちゃんと使うための教科書 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/11/29(金)
WordPressをちゃんと使うための教科書WordPressをちゃんと使うための教科書
(2013/08/28)
たにぐち まこと
価格:¥ 2,940 (税込) 通常配送料無料
WordPressをちゃんと使うための教科書 - 商品詳細を見る

「簡単なブログが作れる」から「オリジナルの企業サイトが作れる」まで!WordPressを使いこなすためにきちんと理解しておきたいテンプレート階層のしくみ、PHPの文法、テンプレートタグの使い方までしっかり解説!

【商品の説明】
「標準テーマでブログは作れるけど、応用がきかない……」
そんな方に最適な、“WordPressをちゃんと理解して、使えるようになるための本"です!
WordPressは、テーマを使ってしまえば簡単にサイトが作ることができる、手軽なCMSです。そして、とても柔軟性が高く、どんな形にでも変えていくことができます。しかし、自分の希望のWebサイトにするには練習が必要です。柔軟性が高いだけに、少しでも間違えると、おかしな形になったり、崩れてしまったりします。
本書では、そんなWordPressを理解するためのこつを、「根本をしっかり理解すること」だと考えました。単に、目的のための設定やスクリプトの書き方をまとめるのではなく、どのようにしてWordPressがWebページを作成しているのかといったしくみの部分はもちろんのこと、WordPressを理解する上では避けて通れないPHPの知識まできちんと説明しています。もちろん根本を理解するための解説だけではなく、仕事上でニーズの高いカスタマイズ方法やTipsもたくさん集めました。WordPressをこれから始める方、または少しだけ触ったことのある方が、自分なりのブログやビジネスサイトを作るだけの応用的な力を身につけられる一冊です。
WordPress3.6対応。
※2013/10リリースのWordPress3.7では、一部画面が異なる部分がありますが、本書の内容は問題なくお使いいただけます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
たにぐちまこと
株式会社エイチツーオー・スペース 代表取締役、anygraphicaプログラマー。Webサイト制作ユニット「anygraphica」のプログラマとしてWebサイト制作に携わるかたわら、CSSNiteやAndroid bazaar、WordCampなどでの講演活動、テクニカルライター業などWeb業界の教育事業に取り組んでいる。近年は、スマートフォン向けのサイト制作や、JavaScriptを活用したWebサイトデザインなどが主な業務。主な著書に『よくわかるPHPの教科書』『よくわかるJavaScriptの教科書』(マイナビ刊)、『iPhone+Android スマートフォンサイト制作入門』(アスキー・メディアワークス刊)など。

【目次】
Chapter 1 知識編 WordPressを始める前に
Chapter 2 準備編 環境を準備しよう
Chapter 3 初級編 学習用テーマで作るブログサイト
Chapter 4 実践編 オリジナルテーマを使ったビジネスサイト
Chapter 5 学習編 WordPressで使うPHPを学ぼう
Chapter 6 応用編 WordPressを使いこなそう
Chapter 7 運用編 WordPressをうまく運営しよう

【登録情報】
単行本(ソフトカバー): 352ページ
出版社: マイナビ (2013/8/28)
言語 日本語
ISBN-10: 4839940177
ISBN-13: 978-4839940171
発売日: 2013/8/28
商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.4 x 2.8 cm
*【カスタマーレビュー】
読者口コミ評価・感想これがWordPressです。ゼロからしくみを学ぶ入門書
「よく分かるシリーズ」のWordPress版が登場。350ページ近くなのに、軽いです。
MacBook AirやVAIO Pro 13/11と一緒に持ち歩いても苦ではない。一言で言えば入門書なんですが、他の入門書より優れているのは、他書で割愛されているWebの基礎やCMS/WordPressて何?にイラストや図解を使って丁寧に答えているところ。文書やソースコードとのバランスも良いために読みやすく、飲み込みやすい。開発環境の設定方法もWindowsのみの解説が多い中、両方(MacはMAMP/WinはXAMPP)あるので、各環境そのまま設定が出来ます。
Chapter3からWordPressの解説なんですが、Webサイトの設計を意識しながら基本操作を学びます。
Chapter4はWordPressの醍醐味、「テーマ」と「テンプレート」をゼロから作ります。
作りながら、このしくみを理解できますので、ここは一番面白いです。一応、サンプルはビジネスサイトという位置づけなんですが、企業サイトという感じがしない。著者曰く「挫折防止」らしい。でも、パーツファイルがどういう枠割を果たし、どういう構成なのか、構造がシンプルなだけに理解しやすい。実はこれが一番大事なので、この判断は正しいと思います。(個人的にはH2OSPACEのデザインは気に入っています。※Webサイトの制作経験と構造の理解が前提)Chapter5のPHPの基礎も大事。これを理解するだけで、ぜんぜん違う。WordPressはPHPで動いているのだから、理解している方がやりたいことがやれるのです。以降はこれらの基本を踏まえて、応用と運用になっている。WordPressはレンタルサーバ各社が提供しているんですが、簡単インストールとか楽に出来てしまって、構造やしくみの基礎の理解が無いまま運用している人が多いと思います。各WordPressの書籍が発売する時期と重なるようにセキュリティの問題が発生してしまいました。これをきっかけに、もう一度ゼロからWordPressを勉強し、大事なWebサイトを守っていくべきと思います。"基本は大事"です。
本書の構成について著者が語っています。
http://blog.h2o-space.com/post/59947912534
これを読むとどんな思いで書籍を書いたのかがよく伝わってきます。
「"WordPressをちゃんと使うため"の教科書」まさにタイトル通りの本です。秀逸な書籍を執筆した著者に感謝。

▼ WordPress (ワードプレス) に関する本・解説書
 ┗ 10日でおぼえるWordPress入門教室 第2版
 ┗ 無料ではじめるWindows Azure×WordPress超入門
 ┗ WordPressプラグイン100選
 ┗ ガンガン集客したい人のかんたんWordPress入門
 ┗ 自分でできる アメブロユーザーのための WordPress移行・アクセスアップ入門
 ┗ 小さなECサイトのWordPress+Welcart導入・設定ガイド[Welcart公式ガイド]
 ┗ はじめての簡単WordPress入門―決定版
 ┗ 企業サイト/スマホサイト/ECサイトを制作しながら学ぶ 魅せるWordPressサイト
 ┗ 検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意
 ┗ 基礎からのWordPress (BASIC LESSON For Web Engineers)
 ┗ WordPress 3.x 現場のワークフローで覚えるビジネスサイト制作
 ┗ 逆引きWordPress今すぐできるカスタムブログ―WordPress3.X対応
 ┗ 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書

アフィリエイトで稼ぐための本格MovableTypeテンプレート
すぐに使える無料MovableType(ムーバブル・タイプ)テンプレート
MovableType商用ライセンス標準装備の格安レンタルサーバー

WordPress ガイドブック

タグ : CMS WordPress

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。