にゃんず日記

ここでは、にゃんず日記 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/20(月)
にゃんず日記にゃんず日記
(2008/10/07)
なおちゃん@もも組
価格:¥ 1,000 (税込) 1500円以上国内配送料無料
にゃんず日記 - 商品詳細を見る

命が尽きる瞬間、みんなそばにいました。最期まで死と戦った彼女のことは忘れません。そしていつまでも8匹は仲良しです。5年以上ほぼ毎日のペースで続けられた日記を1冊につめこみました。大人気ブログ待望の書籍化。

【商品の説明】
大人気猫ブログ「にゃんず日記」の書籍化。元ノラ猫を含めた個性豊かな“7匹のにゃんず”たちの日常をまったり描いた一冊です。2003年から5年以上ほぼ毎日のペースで続けられた日記の中からそれぞれの猫別にもっとも人気のあった記事を厳選して掲載します。感動のエピソードも満載です。

【目次】
 ・にゃんず8匹の生い立ち年表 ・笑子@キジトラ ・とら@キジトラ ・みお@キジトラ ・りさ@サビ
 ・ララ@キジトラ ・まみ@立ち耳スコ ・ちゃとらん@茶トラ ・あすか@キジトラ

【登録情報】
# 単行本: 127ページ
# 出版社: 宝島社 (2008/10/7)
# ISBN-10: 4796665870
# ISBN-13: 978-4796665872
# 発売日: 2008/10/7
# 商品の寸法: 18.4 x 15 x 1.6 cm
*【カスタマーレビュー】
読者口コミ評価・感想素敵な本をありがとうございます
猫との暮らしの素晴らしさに溢れた素敵な1冊です。「笑い」と「涙」と「優しさ」と「強さ」、いっぱいつまった『にゃんず日記』!是非手に取って読んでみて下さい。著者の思いが伝わり、優しい輪となり、幸せな猫達が増えますように!

読者口コミ評価・感想広い広い海のような感じです
8匹の猫と暮らす事は決して容易い事では無いけれど、こんな毎日が待っているのならそれも悪くは無いな・・・と、頬が思わず緩んでしまいます。8匹と暮らすとなると、エネルギッシュな太陽と大勢の人達でにぎわう真夏の海のような日もあれば、猫草争奪戦で少々波の荒い日もあり、みおちゃんが天に昇った日は静寂に包まれた冬の海のような・・・。みおちゃんの闘病中の著者は、灯台を求めて暗闇の大海原に一人、舟を漕ぎ出したような気持ちだったのでは・・・と、この本を見て改めて感じました。けれど、著者御夫婦の海よりも大きくて深い愛情があるからこそ、気が付いたら春の穏やかな夕凪のような日常がそこかしこに表れています。8匹の猫達が目一杯、愛情を注がれて穏やかに暮らす事が出来なければ、次々と猫の神様から託される子猫達の保護活動も上手く行かないと思います。8匹の猫達、いつかは里親さんの元に巣立つ保護された猫達・・・全てに日々分け隔て無く接して、愛情を惜しみなく注げる著者には頭が下がります。著者の願いである「不幸な猫」が減るように・・・の思いが、この本を読んだ全ての人の心に深く残る事を切に願います。

読者口コミ評価・感想ただ「かわいい」だけのブログ本ではない
猫って愛想がないとか気ままとか言われるけど、全然そんなことはない!にゃんず日記は個性あふれる8匹8様のエピソードが楽しめる、それがこの本の醍醐味ですね。でもかわいい表情や面白エピソードだけでなく、命あるものと暮らすことのすばらしさや尊さも伝えてくれています。ぜひ、みおちゃんのがんばった様子をみてあげてほしい。そしてそれを静かに見守ったにゃんずたちの神秘的な表情も。みおちゃんを見送る笑子ちゃんの後姿になんともいえない感動を覚えました。命あるものと暮らすということは最期はそれを見届けなければならない辛さもあるけれど、でもそれを超えてもなお猫との生活ってこんなに楽しいんだって思わせてくれる本です。すでに猫との生活を楽しんでいる人にはもちろん、これから猫との生活をスタートさせる人にもぜひ読んでもらいたい1冊です。

読者口コミ評価・感想猫との生活の醍醐味!そして命の大切さ感じられる貴重な本です
「猫と暮らすということ。それはとても素敵で毎日が楽しい!」今、空前のねこブームで猫との暮らしをそう思って夢見ている方が大勢おられると思いますが、猫と暮らすということは「その命に責任を持つこと」だと押付けではなく、心に染み入るように教えてくれる本です。それぞれ、歩んできた道が違う8匹の猫たちのエピソード。多くの方に読んでいただき、笑いながら、泣きながら、そして多くのことを感じていただきたいと思います。

読者口コミ評価・感想ねこ好きには勿論ですが、そうでない人にも
著者と暮らす、それぞれに個性タップリな猫達との、宝物のような時間を詰め込んだ一冊です。人それぞれに色々な生立ちがあるように、猫達それぞれにも色々な過去があり、そんな猫達を分け隔てなく接する著者の愛情の深さに感動しました。動物と暮らす、生きるということは、楽しいだけではなく、驚かされたり、悲しく辛いことや、面倒な事の繰り返しですが、それでも彼らから与えられる素晴らしい経験こそが、彼らから与えられる宝物のような時間なのだと気づかせてくれます。猫好きな人たちに限らず、猫が苦手な人たちにも是非お勧めします。命の大切さ、尊さ、優しさ(ついでに思わず愉快な関西弁をも・・・)を対等な視点から学ばせてくれる一冊です。

読者口コミ評価・感想心洗われました♪
ネコとの暮らし方、飼いネコに対する接し方、不幸なネコを作らないための心構え・・・ネコに対するあらゆる言動に心洗われ、読んでて暖かい気持ちになりました。なおちゃんちに迎え入れられたネコたちはホント幸せものです。ネコと暮らしている方、これからネコと暮らそうと考えている方、ぜひ読んでみてください。

読者口コミ評価・感想みおちゃん安らかに
著者は、捨て猫や野良猫を保護して、里親を探すことを続けていらっしゃる方です。本の中にも里親が見つかり、幸せな旅立ちをした子猫が出てきます。その子猫達を見送っている猫達は、必ずしも幸せな生まれ方をした訳ではありませんでした。耳が立っているのでペットショップで売れ残ったスコティッシュフォールド、虐待されて不具になった子猫…そんな猫達を天国から見守っているのが、子猫を生んだら餌をもらえなくなってしまった老猫「みお」。野良時代の苦労のためか、毛並みの悪い、貧相な病気がちの猫になってしまったのですが、著者の家族と猫に愛され、闘病生活の末、安らかな顔で旅立って行きました。元がブログなので、文章・写真とも緩いのですが、それだけにじんわりくるものがあります。かわいいだけじゃない猫本として、猫好きにはもちろん、お子さんがいるご家庭にも絶対おすすめです。

気になるねこの本
 ┗ 君はぼくの声になる
 ┗ 両手のない猫、チビタ
 ┗ 余命4ケ月のダビデ
 ┗ ねこブログ
 ┗ くるねこ
 ┗ ちいさなチカラ
 ┗ ウチのハナちゃん
 ┗ のらねこ。
 ┗ nekopunch tv books ヨレのニャンタマ通信
 ┗ きょうも、いいネコに出会えた [写真集]
 ┗ Dear,こげんた―この子猫を知っていますか?
 ┗ ミーのいない朝

タグ : ブログ書籍化本 猫ブログ

この記事のトラックバックURL
http://weblog2983.blog39.fc2.com/tb.php/210-2cf4f63a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。