ルポ 米国発ブログ革命

ここでは、ルポ 米国発ブログ革命 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/14(火)
ルポ 米国発ブログ革命 (集英社新書)ルポ 米国発ブログ革命 (集英社新書)
(2009/06)
池尾 伸一
価格:¥ 756 (税込) 1500円以上国内配送料無料
ルポ 米国発ブログ革命 - 商品詳細を見る
【商品の説明】
今アメリカでは、傘下にロサンゼルス・タイムズ等を持つトリビューン社破綻に象徴される既存メディアの危機とは対照的に、ブログや、ソーシャル・ネットワーキング・サービスといった「個人発」メディアが、政治の場において極めて強い影響力を行使するようになっている。オバマの当選も、そうしたブロガーたちの存在がなければ決してあり得なかった。本書は、新聞・TVなど既存のマスコミの基盤が揺れる中、数百年に一度のメディア大変動の動向を描きつつ、読者参加型メディアにおける最新の情報リテラシーについても考察した衝撃のルポルタージュである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
池尾 伸一
1965年、愛知県名古屋市生まれ。89年、早稲田大学政治経済学部卒。中日新聞に入社後、経済部で日銀、財務省、内閣府などを担当する。99 年~2000年、アメリカ・コロンビア大学東アジア研究所研究員。05年5月から中日新聞・東京新聞ニューヨーク特派員。08年5月から経済部に所属

【目次】
第1章 台頭する「個人発」メディア(ワシントンが恐れる男、「調査報道」の新旗手たち ほか)
第2章 個人発メディアの課題(六〇万人がだまされた、「『こだま』の部屋」か「タウンミーディング」か)
第3章 のたうつ「恐竜」たち(揺らぐ報道の独立と崩壊する取材態勢、「進化」への胎動 ほか)
第4章 つながるジャーナリズムへ

【登録情報】
# 新書: 236ページ
# 出版社: 集英社 (2009/06)
# ISBN-10: 4087204960
# ISBN-13: 978-4087204964
# 発売日: 2009/06
# 商品の寸法: 17 x 10.8 x 1.6 cm

タグ : ブログ

この記事のトラックバックURL
http://weblog2983.blog39.fc2.com/tb.php/207-9956c374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。