「うつ」なこころを強くするブログの力

ここでは、「うつ」なこころを強くするブログの力 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/25(火)
「うつ」なこころを強くするブログの力 (アスカビジネス)「うつ」なこころを強くするブログの力 (アスカビジネス)
(2008/05/19)
野口 敬
価格:¥ 1,470 (税込) 1500円以上国内配送料無料
「うつ」なこころを強くするブログの力 - 商品詳細を見る
【商品の説明】
ストレス過多の現代で「うつ」になってしまう人が増えている。そんな中、同じ悩みを持つ仲間との語り合うのに最適なツールとしてブログを紹介。ブログの中でアドバイスを与えてもらい、自分からも与えることで、自分の心を肯定しよう。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
野口 敬
1950年、東京生まれ。パソコン専門紙編集長、人材派遣会社主任企画部員、システムインテグレーション会社企画本部長などに従事。人とシステムの双方に深く携わった経験から、「能力開発には、人の意識の分析だけでなく、それを育んだ社会的なしくみからとらえなければならない」と痛感。1991年、創造性開発・評価の手法を普及させるためにコミュニケーション・クリエイティブ・センターを設立。意識のしくみだけでなく、社会のしくみもわかりやすく解析する「フレームアナリスト」として活動中。主な著書に「『うつ』な人ほど強くなれる」「『うつ』な人ほど強く優しくなれる」(明日香出版社)、「良いほうに考える技術」(すばる舎)、「知的創造の技術」(ダイヤモンド社)など。

【目次】
1.なぜうつ病はなかなか治らないのでしょう?
2.一番つらく苦しい時に苦しい心は放っておかれる
3.うつ病を早く治すためにはうつ病の原因を突き止めることが第一です
4.うつ病になる4つの要因を癒してあげればうつ病は速やかに治ります
5.心を癒すために一番大事な心の支えがここにあります
6.『ブログ療法』でうつ病を治そう

【登録情報】
# 単行本(ソフトカバー): 223ページ
# 出版社: アスカ・エフ・プロダクツ (2008/5/19)
# ISBN-10: 4756911986
# ISBN-13: 978-4756911988
# 発売日: 2008/5/19
# 商品の寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
*【カスタマーレビュー】
読者口コミ評価・感想実効ある新しい鬱への対処法
医師でも心理士でもない、鬱経験者の立場から鬱克服法を追求してきた著者が、一年以上に渡ってブログを用いた鬱相談を継続してきたことを、中間報告のような形で書籍にまとめたもの。鬱克服シリーズの第一弾「うつな人ほど強くなれる」発刊時は奇異な眼で見られ、様々な批判を浴びた野口氏の活動だが、現在も批判はあるもののそのネットワークは広がり続け、着実に成果を上げていることは決して否定できない。この書籍は、当初から野口氏が目指していたものを改めてまとめてあると共に、どのような経緯を経て現在に至っているか、わかりやすく解説してある。それと同時に、鬱病患者の視点から見た現在の医療等の問題も明記されており、それらが鬱経験者なら痛いほど良くわかる事実であるだけに、著者が「医者やカウンセラーから轟々の反論が巻き起こるでしょう。大歓迎です!」と著したことに対して、是非、医師やカウンセラーの方々から反論して欲しいとも強く思う。そして、批判し論破し、その動きをつぶすことを目的とせず、是非1人でも多くの鬱に苦しむ方々が、1日も早く回復することに貢献して頂きたいと切に思う。まだまだ過渡期であり、決して完成形まで発展しきっていない「ブログ療法」であるし、また、売り上げ部数を求められる書籍であるため、多少誇張された表現ではなかろうかと思える部分もあるが、著者が一年以上に渡り猛烈な情熱を傾けて取り組んできたことは間違いない事実であり、そして、数多くの支持者、要するに回復して社会復帰まで至ったうつを患った方々が存在することも厳然たる事実である。そして、その動きが、いよいよ行政に対する働きかけまで視野に入れるようになってきた今、うつに対して興味を持った1人でも多くの方々に読んで頂きたい一冊でもある。評価が星4つなのは、まだまだこれからが本番ともいえる「ブログ療法」であるため、最高評価を控えたという意味合い。

統合失調症

タグ : ブログ

この記事のトラックバックURL
http://weblog2983.blog39.fc2.com/tb.php/202-907d87d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。