ブログ入門―50代にもよくわかる

ここでは、ブログ入門―50代にもよくわかる に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/07/10(日)
「ブログ」入門―50代にもよくわかる (ベスト新書)「ブログ」入門―50代にもよくわかる (ベスト新書)
(2005/04)
滝田 誠一郎
価格:¥ 1,785 (税込) 1500 円以上国内配送料無料
商品詳細を見る

パソコン初級者も中高年もいま話題の情報発信ツールで人生がもっと楽しくなる。お金も時間もかけず、世界中に発信できる便利な道具。

内容紹介
お金も時間もかけず、世界中に発信できる便利な道具「ブログ」のユーザーが急上昇中です。そこで、今すぐはじめてみたい方に、わかりやすい入門書をつくりました。パソコン初心者も中高年も大丈夫。話題のツールで人生をもっと楽しんで下さい!

本書では、ブログの立ち上げ方をイチから解説。パソコン初心者や中高年の方でも気軽にブログを始められるようにしました。もちろん!既にブログを始めている人にも役立つ、「目立つ」「ウケる」ためのテクニックや、デザインのカスタマイズ方法も満載!

ブログサービス各社の紹介だけでなく、すでにブログ生活を楽しんでいる方たちの趣味のブログ、同窓会ブログ、家族ブログ、自己PR型ブログなども紹介しています。巻末にはいま話題の有名人ブログや人気ブログも多数、掲載しました。コンパクトですが、中身の濃いお役立ち本です。

著者からのコメント
ブログを立ち上げるのは簡単だが、ブログを続けるのはなかなかどうして大変なことだ。「今年こそは日記をつけるぞ!」と決心して、三日坊主で終わった経験を多くの人が持っていると思う。同じことがブログにもいえる。「Blogfan.ORG」と「gooリサーチ」をベースに、サトウ・マサヒコ氏がまとめたデータによると、05年3月現在、ブログ作成経験者の数はすでに250万人にのぼっているが、今現在もブログの更新を続けている“アクティブ・ユーザー”の数は74万人となっている。この1年ほどの間に作成され、1年足らずで休眠状態に入ってしまっているブログが全体の3分の2ほどにのぼる計算だ。ちなみに同データによると05年3月時点でのインターネット・ユーザー数は6500万人。そのうちブログ閲覧経験者が780万人、これからブログを作ってみたいと考えているブログ作成意向者の数が416万人となっている。この数字からすると、この先もブロガーがものすごい数で増えるだろうことは容易に想像されるが、それと同時に三日坊主で終わってしまうブログもまたものすごい数に達するのだろうということが容易に想像されるというもの。

この本は、どのようにしてブログを作るかということもさることながら、いかにしてブログを続けていくか--いかにして定期的かつ頻繁な更新を続けていくか、そのためにはどうしたらいいのか、ということに力点を置いて書いたつもりだ。その意味では、416万人のブログ作成意向者にはもちろん、約180万人近い休眠中のブロガーにとっても、それなりの参考書になり得るのではないかと思っている。

目次
1章 ブログとはなにか?
2章 ブログを作る
3章 何を書くか?どう書くか?
4章 「目立つ」「ウケる」ための工夫とテクニック
5章 ブログを使いこなして楽しみ倍増!
終章 こんな有名人・人気ブログが面白い

*【カスタマーレビュー】

読者口コミ評価・感想よみやすい入門書
ブログの入門書です。いちおう、ブログに興味のある方にむけて書かれているので、日本のインターネットの状況について、多少の前提知識を要します。現時点でネットや個人の情報発信に全く興味関心のない方に読ませてもちんぷんかんぷんの記述がありますので、他人に勧める際には要注意。

「50 代にもよくわかる」解説とはいかなるものか? 私の興味はそこにあったわけですけれども、「なるほど」と思わされました。抽象的な話はしない。価値判断は具体的な事例に対して行う。(いわゆる)知性については、信頼してよい。注や解説をつけすぎない。技術解説は目的と行動の1対1対応に留意が必要。等々。

「ブログの何が楽しいのか」から説き起こす、よくできた入門書だと思います。類書に「超簡単!ブログ入門」「ブログの力」「ブログを続ける力」などがありますが、適度な熱があり、なおかつ軽快な文章スタイルは読みやすく引き込まれます。1点残念なのは、ブログの始め方、活用法の解説に「ブログ人」が用いられていることです。著者が使い慣れていることは理解しますが、OCN 会員以外にとっては有料となるため、「試みにちょっと体験する」には敷居が高いように思います。高度な内容とは無縁なのだから、他社の無料サービスでも十分だったのでは?

読者口コミ評価・感想若い世代もすなるブログといふものを50代もしてみむとて…
「ネットユーザー1000人余を対象とした調査によるとブログ作成経験者が25%」という報道を先だって目にしました。ブログなどまだまだ一部の人のものと私は思っていましたが、どうやらその認識は古くなりつつあるようです。本書は私のようなブログ知らずの40代にも「ブログ」について懇切丁寧に解説してくれます。個人ホームページとブログの違いから説き起こし、ブログの作り方や、数あるブログの中で自分のものを目立たせる工夫、アフィリエイトやポッドキャスティングなどの応用術に至るまで、平易な文章で書かれています。これなら確かに、「私でも出来そう」という気分になります。

しかし、ブログ作成者が増えれば増えるほど、私のような無名の個人がかりに読書日記のようなものを立ち上げたところで、星の数ほどあるブログの中に埋もれてしまい、人々の目に触れる機会はほとんどないのではないでしょうか。本書でも、自分のブログが「どうすれば数あるサイトの中で(検索エンジンの)検索結果の上位に表示されるようになるのかということになるが、これがなかなかの難問なのである」とあります(114頁)。その答は「コンテンツを充実させることだといわれている」そうですが、いささか説得力に欠けます。だからこそ私はブログではなく、こうしてアマゾンのレビュー欄に読書・映画日記を書き綴るということで満足してきました。アマゾンのユーザー数は計り知れませんし、私のつたないレビューもそれだけ読んでもらえる機会が増えると考えるからです。それにしても「日米のブログを比較して、“日本のブログ文化はレベルが低い”と指摘されることがあ」り(90頁)、それは日本人のセルフ・プロモーション下手という国民性が背景にあるというのは実に耳の痛い話です。米国Amazonのレビューを読みながら、その水準の高さに目を見張り、翻って私自身のレビューの稚拙さに溜め息が出ます。


人気無料ブログ比較・評価 おすすめ編
  L 人気無料ブログ比較・評価サンプル まあまあblog編
  L 失敗しない無料ブログ選びのポイント
  L キーワード上位表示させる為のブログテンプレート カスタマイズ

タグ : ブログ初心者ガイドブック

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://weblog2983.blog39.fc2.com/tb.php/167-c63452da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。