ウェブログの心理学

ここでは、ウェブログの心理学 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/07/07(木)
ウェブログの心理学 ウェブログの心理学
山下 清美、川上 善郎 他 (2005/03)
NTT出版
この商品の詳細を見る

なぜブログは書かれ、読まれるのか? 個人が自分のことや見聞きしたことがインターネットというコミュニケーションの場でリアルタイムに蓄積されていくネット・コミュニケーションの最新形、ブログを社会心理学から分析する。

本書『ウェブログの心理学』は、4名の社会心理学者による共著です。研究書と一般書の中間くらい、あるいは一般読者を意識した研究書といえばいいでしょうか。堅苦しい本ではありません。装丁も可愛らしく仕上がっていて、気楽に読んでいただけるのではないでしょうか。

本書では、「ウェブログ」を、ウェブ日記やテキストサイト、ブログ・ツールなどの総称として用いています。その上でネット上のコミュニケーション全体の中にウェブログを位置づけます。WWW以後、成長・発展してきたウェブログの変化もとらえています。こうした大きな視点に立つことで、現在のブログ・ブームの背景や特徴がよりよく理解できると考えています。

本書の特徴はまだあります。ウェブログに関してこれまで行ってきた研究をベースにしている点です。人はなぜウェブログを書くのか、書き続ける動機は何か、というテーマで、わたしたちは1997年にウェブログ(当時はウェブ日記)研究を行いました。さらにその枠組みを発展させて、2004年にも研究を行いました。それぞれの研究から、ウェブログを書き・読む人々の意識をデータに基づいて考察しています。

さらに、インターネットの変遷、特にウェブ日記からブログへの発展の理解を助けるための年表や記事の附録も本書の特徴です。ブログに関する新しい情報は、現在たくさん得られます。しかし一昔前の情報は早くも失われつつあり、今記録しておくことが大事だと考えたからです。

現在ブログ関係の書籍はたくさん出ています。その中で、本書は異色ではないかと思っています。ブログの設置方法も、どうやったらブログでお金儲けができるかも書いてありません。そうした内容は、他書に譲りました。

古くからのネットユーザの方々には、「そうそうこういうことがあったよね」と懐かしがっていただける部分もあります。最近ブログを始めた方、これから始めようかと思っている方々には、附録の「ウェブログの歩き方」が参考になると思います。ウェブログを利用する際の留意点やアドバイスを載せました。

本書の企画から完成に至るまでの間、たくさんの方のお世話になりました。いただいた情報や経験を、十分生かしきれていないところもありますが、まずはこうした形で本を提示することで、今後さらにウェブログについて考察し研究を続けていきたいと考えています。

【目次】
第1章 インターネット時代のコミュニケーション
第2章 コミュニティに見るウェブログの歴史
第3章 ウェブログの社会心理学
第4章 ウェブログの現在と未来
終章 ウェブログ・個人・社会
附録 ウェブログの歩き方―ウェブログを楽しく「読む」「書く」「つながる」ためのアドバイス

*カスタマーレビュー

数年後に読み返しても価値の減じない本
いまだ出版ラッシュの続くウェブログ関連書籍だが、数年後に読み返してみても価値を保っているだろうと思われるものはほとんどない(『ウェブログハンドブック』くらい?)。ハウツー本はもちろんだが、その他の書籍も、せいぜい著者の身辺のごく狭いコミュニティでの経験を基にしているだけなので、視野が狭くてとても一般化できるシロモノではないのだ。しかし、WWWの黎明期から研究を続け、しっかりとしたフィールドワークまでこなした本書の著者たちは、経験の厚さ、視野の広さ、どれをとっても文句のつけようがない。

特に「歴史」を扱った第2章は重要だ。10年に渡るウェブログの歴史の中で、昨今のブームはたかだか1、2年のことである。そこにだけ着目した議論がなんと底の浅いことであるか。現在問題になっていることのほとんどが過去に登場済みであることがわかるだろう。「本質」に目を向けるいいきっかけになる章である。

そして、1997年の調査を元にした第3章。「Web日記」を「blog」に置き換えてもなんの違和感もないこと、また第4章と読み比べて、今と当時との違いはせいぜい「カネの匂い」の有無くらいである(カネの匂いはけっこう重要な軸ではある。が、あまり踏み込まなかったのは本書の立ち位置のせい?)。いまだに「Web日記とblogは違う」とか、自分の感覚だけで言ってる二元論者は、こういう事実を知るべきである。ウェブログは二値で分けられるものではなく、二次元スペクトルのどこかに位置づけられる、境界のあいまいなものなのだ、ということがよくわかる。

あと個人的には、第4章の「おわりに」が、ちょっと感動的な締め方だったのがよかった。そうそう、続けることが重要なんですよ。

絶好の時期に出版された人がWeb上で公開日記を書く理由を教えてくれる本社会心理学者によるSNS、ブログの研究・解説本
附録が充実している。まず、附録から読み始めるのが有用度の高いこの本の活用法かもしれない。

特に「ウェブログの歩き方」は、著者たちの社会心理学の学識と、実際に使いつづけてきた経験と洞察に裏打ちされた、目的設定の考え方、やり方が具体的に例示されており、実にわかりやすい。ウェブログやSNS を始める前の人、はじめたばかりの人がどのような気持ちで臨んだら良いかがわかりやすい。

また、ウェブログの年表も貴重だ。90年代の日本での展開。タイプパッド以前の日本での日記サイト、コミュニティサイトの展開。これがきちんと整理されている。

この労作なくして、昨今の日本のマスコミによる、ブログもSNSも→アメリカ産→アメリカで流行→日本に飛び火という図式が定着してしまっただろう。なぜ、 SNSやブログのユーザが増えるのか、それが、それ以前の日本におけるネットを使ったパーソナルコミュニケーションのあり方との連続性が、いつまでもわからぬままになっていただろう。

日本でも長きにわたって、模索され、実行され、雛形もあり、ユーザもいて、ニーズも顕在化していた。という点が、この著作によって公正に評価され、丹念に歴史が辿られているのである。

この他にも、気鋭の社会心理学者たちの実際のウェブログ体験を踏まえた洞察があふれる。

特に、昨今のmixiの盛り上がりに関する以下の洞察は本質をついているのではないかと思える。「アクセス・コントロールの機能を備えた日記を手軽に書ける点」が「目立たずにある程度の人に読んでもらえるのが良い」というニーズを持つ人が「相当多い」。

日本のマスコミも、あるいは、ブログ礼賛を目立って主張する人たちからも示されることの無い、日本のユーザのコミュニケーションニーズの本質なのではないかとも思える。

その他にも洞察には事欠かない。

人がWeb上で公開日記を書く理由を教えてくれる本
本書の行う分析は,目新しい「驚き」は提供してくれません。自分でウェブログを書いている人であれば,当たり前のことを難しく説明し直している印象を受けるかもしれません。しかし,日本における,Web日記に書かれる内容の類型や書き手のスタンスの類型,Web日記書きのモチベーションを支えるスパイラルモデルの提示,Web上での日記コミュニティの発展の経緯などが概観できる点で,興味深い考察になっていると思いました。

ブログ解説本・書籍・ブック
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://weblog2983.blog39.fc2.com/tb.php/156-39d00b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ウェブログの心理学山下 清美、川上 善郎 他 (2005/03)NTT出版この商品の詳細を見るなぜブログは書かれ、読まれるのか? 個人が自分のことや見聞きしたことがインターネットというコミュニケーションの場でリアルタイ
2007/04/27(金) 12:13:13 | ブログ&ホームページ作成 ガイドブック 解説本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。